わたしの政策 


僕は大好きです。
「七福神参り」「桜」「花火」「お祭り」「王貞治少年野球場」「スカイツリー」
夢が沢山ある街です。


夢のある街“すみだ”創造

「夢を持っていない」と答えた方は2018年新成人の約35.6%過去最高でした。
僕は夢を持つことで大きな財産を得られました。お年寄りから次世代を担う子供たちまで、
小さな事柄であっても夢を持って頂ける街作りが必要だと実感しています。

高齢者の皆様

●地位での健康共生への施策
●地域での高齢者共同生活への施策

多忙な家庭に育ち、近隣のおじさん、おばさんまた、地域の野球チームの皆さんにお世話になり育てて頂きました。
その方々の高齢化を目のあたりにし、皆さんが笑顔で何時までも慣れ親しんだ街で過ごして頂きたいと心から思います。
敬愛すべき高齢者の皆様の小さな夢を紡ぐ事が出来たならと考えます。

子供たち

●学校での体験型教育の実施
●地域社会での見守り体型の強化
●学校、地域、課程の本質的連携

僕は小学校2年生から野球を始め、そしてプロ野球選手を目指しました。その夢に手は届きませんでしたが、
かけがえのない経験をさせて頂きたと感謝しています。環境と周囲の方々の応援によって歩むことが出来ました。
様々な家庭環境で今を生きる子供たちにとって、学校、また地域社会は極めて重要な役割を持つと考えます。
未来を担う子供達の夢を育んでまいりたいと思います。

 

 

 

墨田区には世界に誇れる「スカイツリー」そして
「北斎美術館」「刀剣美術館」「江戸東京博物館」「両国国技館」etc、
文化と歴史のある施設があります。それらを融合させて
「オール“すみだ”」として全国また全世界に発信し、経済の活性化に繋げたいと考えています。


“すみだ”の中小企業には、各分野における優れた技術力があります。
社会が多様化する事によって、更なる可能性を秘めているのが“すみだ”の中小企業です。
ニュースビジネススタイルの構築を墨田区が積極的にナックアップし、
経済の発展を、事業者と共に培う事が重要と考えています。

墨田区の人口は、27万人を突破しました。僕たち世代の流入も多いですが、
家族構成の変化にともない生活環境や住宅環境の見合った近隣区に年間約3000人の方が流出もしております。
生涯“すみだ”ぶ住み続けたい!と実感して頂ける高齢者やハンディキャップをお持ちの方に優しく、
子育て環境の充実した安心、安全な街造りを推進して行かねばなりません。